HOMEへ、  
イタリア、トスカーナ地方 スケッチ旅行    フィレンツエ
   フィレンツェ  (ユダの花咲く散歩道)

      この時期、アルノ川沿いの散歩道は
      新緑とユダの花が満開で、その対比がとても美しい。
      犬も朝の散歩を楽しんでいるようだ。
      珍しいのか スケッチする僕をじっと見ていた。

  フィレンツェ  (アルノ川の朝)その1

    朝のアルノ川は 人影もなく
    さわやかな風が川面を伝ってくる。
    これぞフィレンツェと 深呼吸する。

    さあ一枚、と準備に取り掛かる。

   フィレンツェ (アルノ川の朝)その2

     爽やかな風が心地よく、去りがたい心境で
     前を向いたり、反対向いたりで筆を走らせ、 至福の一時を過ごす。
   フィレンツェ (アルノ川の朝)その3

      散歩のおじさんが覗きこんで、これ マイ ハウス と笑う。

フィレンツェ (ベッキオ橋)

   この橋はあまりにも有名なので、
   どう描いても絵ハガキ的になるし、
   どう描いても絵ハガキには勝てないし
   と 悩んだが、
   記念に一枚はという気持ちで描き上げた。

   

フィレンツェ  (町を走る市電)その1

   古い町をモダンな市電が走っている。
   街中を走る姿良し、郊外を走る姿良しだ。
   五分措きぐらいにやってくるので、
   デッサンに困ることはなかった。

  フィレンツェ  (町を走る市電)その2     フィレンツェ  (町を走る市電)その3

  フィレンツェ  (町を走る市電)その4 


    石造りの街中を走る電車も描きたかったが
    繁華街を抜けて 新緑の中を走るモダンな市電、
    やはり こっちの方が描いてて気持ちよい。








                 

    

フィレンツェ  (町を走る市電)その5

   フィレンツェ  (町を走る市電)その6


       市街地から少し出たところに、何やら曰くありげな
       歴史的建造物があった。
       意味や目的等は聞きそびれたが、
       その脇を モダンな電車が走っているというのも
       いかにも フィレンツェらしい というかイタリアらしい。
       これも一枚は描いておきたい。






           

           

           

プラタナスの並木道
   (水彩 P10 2019-04)


  日本での並木道は、落ち葉苦情対策
  台風対策、信号が見にくい といった
  種々の理由で、バキバキと剪定され
  川の土手や公園を除けば、ほとんど
  立派な並木道には育たない。
  欧米では国土の違いか文化の違いか
  どこにでも立派な並木道があった。
  この名も無い散歩道も、日が差し込んで
  思わず描きたくなった。




    HOMEへ、

    モンタルチーノ へ 
          (イタリア旅行のTOPへ)
          

    ギャラリー目次 へ

プラタナスの並木道 (その2)
               (水彩 P10 2019-09)


    脇道に入ると、絵になりやすいのは
    街並みだけではない。並木道でも
    裏側を覗いてみると、いい散歩道だ。
    木漏れ日が効果的で、風もさわやか。
    もうこれは、描かずには帰れない。

    





          HOMEへ、

          モンタルチーノ へ 
          (イタリア旅行のTOPへ)