ギャラリー目次へ 、 HOMEへ、 竹富島その(2)、へ

沖縄、竹富島スケッチの旅 (1)

ポストのある風景
    (水彩 F6 2018-11)


   島に着いて 村内をブラブラしていると
   旧式のポストが目についた。
   こんな光景は 大阪ではもう見ることは できません。 
   これはぜひ描いておきたいと、木陰に座り込む。




           HOMEへ、  ギャラリー目次へ










             鐘楼のある通り
                (水彩 F3 2018-11)


                  ポストのある風景から反対向くと、
                  鐘楼のある一角があった。
                  これも一枚と思い、くるっと座り直した。







    シーサー1号 (はがき)

花いっぱいの通り
   (水彩 F4 2018-11)

村内のどの通りも南国らしく花がいっぱいだ。
目移りするが、まずはこの通りで描いてみよう。


       HOMEへ、  ギャラリー目次へ












シーサー2号
   (はがき)
     沖縄の花といえば            デイゴ
     ブーゲンビリア     ハイビスカス       ラッセリア

  ヤシの木のある坂道
      (水彩 F3 2018-11)

     ヤシの木のある坂道を仲間がいい色調で描いている。
     面白そうだ、自分も描いてみよう。
     坂といってもわずかな坂だが、それを表現しきるのは
     それなりに難しいが、これもチャレンジだ。



                  HOMEへ、  ギャラリー目次へ
        シーサー3号
          (はがき)


トタン屋根の見える坂道
    (水彩、ペン F3 2018-11)

    竹富島はどの家屋もサンゴの石垣で囲まれている。
    この石垣、水彩で表現するのは結構難儀だが、
    いやがっていたら、この島ではスケッチは出来ない。
    勉強、勉強だ。



               HOMEへ、  ギャラリー目次へ




   シーサー4号 (ハガキ)

 
     トンネルの向うに
         (水彩 F6 2018-11)

         木々が鬱蒼と茂り、まるで樹木のトンネルだ。
         その分ここは涼しくて通り抜ける風も心地よい。
         先輩がここで いい絵を描いている、さすがだ。
         負けじと取り組むも、雰囲気の出方が今一だな〜

    
               HOMEへ、  ギャラリー目次へ
















 シーサー5号 (ハガキ)

                                                                 武富島スケッチの旅 (2) へ