ギャラリー目次へ 、 HOMEへ、 竹富島その(1)、へ

沖縄、竹富島スケッチの旅 (2)

   島の郵便局
          (水彩 F4 2018-11)

       早起きして朝日を見に行こうという予定だったが、
       薄暗い中 草地を行くと ハブにかまれるから
       よせと民宿のおばあちゃんに警告された。
       ハブ はやっぱり怖いから断念、途中にある
       島の郵便局を描くことにした。


             HOMEへ、ギャラリー目次へ 、
 









シーサー6号 (はがき)


民宿裏の畑
    (水彩 F3 2018-11)

    民宿のおばあちゃんが世話をしている畑だ。
    何せサンゴの砂でできた島だけに、
    土づくりが難しいという。さもあらん。。。。。


            HOMEへ、ギャラリー目次へ 、
 シーサー7号
    (はがき)

島のバナナ畑
   (水彩 F3 2018-11)

   バナナの木の向うに赤い屋根が見える。
   これも沖縄らしくていいか と描き始めた。
   心地よい南風で、バナナの葉がやさしく揺れる。

   遠くから三線の音が風に乗って聞こえてきた。

           HOMEへ、ギャラリー目次へ 、
 シーサー8号
    (はがき)

デイゴの大木   
   (水彩 F6 2018-11)

    広場のデイゴの大木の木陰が 何とも涼し気だったので、
    この木を描こうと座り込んだ。
    観光牛車がやってきて、春にはきれいな花が咲くよと 言う。
    ひとしきり説明が終わると 三線の披露だ。
    三線と唄を聞きながら、筆を走らす、至福の一時だ。
参考 デイゴの花

                    HOMEへ、ギャラリー目次へ 、

    

   高台から   (水彩 SM 2018-11)

      村の中央部にちょっとした高台がある。村落の屋根が美しく見える。
      竹富島らしい光景なので、一枚は描いておこう。

   デイゴの大木 (その2)  (水彩 SM 2018-11)

    デイゴの大木のある広場の周辺にはいろんな建物がある。
    どの組み合わせも絵にしたい所である


                   HOMEへ、ギャラリー目次へ 、

 民家の窓辺
   (水彩 SM 2018-11)

   民家の窓辺を夕陽が射している。
   石垣は花々でおおわれている。
   何気ない光景だが、
   思わず足が止まったので、
   この夕景を描いて島に別れを告げた。








     HOMEへ、ギャラリー目次へ 、



 シーサー9号(はがき)
  
   
シーサーを描いて  (水彩 はがき 2018-11)

     シーサーは手づくりのせいか ふたつと同じものはない。
     屋根を見上げながらの早描きは疲れるし 難しい。
     何枚か取り組んでみたが 未熟なせいか みんなマンガみたいな絵に
     なってしまった
 
    
公園の一隅  (水彩 F3 2018-11)

    最終日 空港へのバス待ちの時間に近くの公園で早描きをした。
    竹富島に比べ石垣島は描く所が無く、結局この一枚だけとなった。


                       HOMEへ、ギャラリー目次へ 

                             竹富島その(1)、へ                          
   

   花いっぱいの自販機
         (水彩 F3 2018-11)















            HOMEへ、   ギャラリー目次へ 


  シーサーと猫のいる縁側
         (水彩 F4 2018-11)















               HOMEへ、   ギャラリー目次へ