ギャラリー目次へ、 HOMEへ 、 お寺のある風景(1), お寺の風景(2)お寺の風景(3)お寺の風景(4)お寺の風景(5)お寺の風景(6)、へ 

                  お寺や神社のある風景(7)

   住吉神社の一隅(その1) (水彩 SM 2017-10)
     
     かねて京都あたりの神社仏閣ではスケッチ不許可の所が
     多かったが、ついに大阪のここも不許可に、
     やむなく裏の駐車場あたりで、描けそうなポイントを探す。
   住吉神社の一隅(その2) (水彩 SM 2017-10)



                          HOMEへ  ギャラリー目次へ 

  参道 (春)  (水彩 F6 2019-03)            参道 (初夏)  (水彩 F4 2019-03)
  参道 (晩秋)
       (水彩 F6 2019-03)
   参道 (冬その1)  (水彩、アクリル F6 2019-03)    参道 (冬その2)  (水彩 F3 2019-03)

                  HOMEへ    ギャラリー目次へ 


当麻寺界隈秋景
     (水彩 ペン F6 2019-11)


    久しぶりに当麻寺を訪れた。
    前回とは違う角度から描こうと ぶらぶら。
    作業中の農家のおじさんの許可を得て
    脇道で描き始めた。
    秋晴れとはいかなかったが、まずまずの天気、
    気持ちよく一気に仕上げた。




             HOMEへ

              ギャラリー目次へ





当麻寺界隈秋景(その2)
          (水彩 F4 2019-11)

当麻寺界隈秋景(その3)
           (水彩 F4 2019-11)    


   参道に入ってすぐの所にある疎水が
   前回来た時も気になっていた。
   土塀も相当傷んでおり、
   今回描いておかないと、次回来た時には
   無くなっているかもしれない と思い描いた。
   倒れているセイタカアワダチソウが
   何かを暗示しているようにすら感じる。。
   絶滅危惧種はすぐ描くに限るのだ。

   


     HOMEへ
     
     ギャラリー目次へ

   当麻寺参道の脇道(その1)
                   (水彩、アクリル F3 2019-12)
            当麻寺参道の脇道(その2)
                             (水彩、ペン F4 2019-12)
           当麻寺参道にはいくつもの脇道があって、それぞれ趣きがあって描きたくなる。
           今回は アクリルを使ったり、ペンを使ったりといろいろチャレンジしてみた。
           その1の脇道を抜けたあたりからは  当麻寺の塔が見えて、格好のスケッチポイントになっている。 次回はまた別の脇道に入ってみよう。


                                                       HOMEへ

                                                       ギャラリー目次へ

       善福寺紅葉
            (水彩 F6 2019-12)


          有馬温泉の紅葉はスケール感からして
          瑞宝寺のほうが有名であるが、この
          善福寺の紅葉も坂道の参道に
          かぶさるような姿の紅葉も見事である。





                   HOMEへ

                   ギャラリー目次へ