ギャラリー目次へ  HOMEへ  建物のある風景 (18)(19)(20)(21)(22) (23)(24)(25)、へ    

建物のある風景(26)

 京橋の廃工場
    (水彩 F4 2019-08)

   仲間が指導を受けている先生の作品の中に、
   この工場を描いた一枚があった。
   8月はクラブのスケッチがお休みなので、
   京橋は近場なのでフラフラと探しに出かけた。
   幸いにも すぐに 見つけることができたので、

   先生と同じ構図で描いてみた。

        京橋の一隅(その1)   (水彩 ペン SM 2019-08)

            工場の前の通りは、木がはみ出している様子が面白いので
            ついでのことだから、小さい紙にぺん主体で描いて見た。
    京橋の一隅(その2)   (水彩 F4 2019-08)
    
       工場の前の駐車場に入ってみると、木々の緑に電信柱、煙突と
       材料が揃っているので、斜めからの構図でも描いてみた。


                   
       
   京橋の一隅 (その3)
      (ペン 水彩 F6 52019-208)


      京橋の何ていうことの無い通り、だが
      ぺン画の練習には十分役に立つ。
      この絵はちょっとキッチリ目に描いたが、
      次回はちょっと柔らかめの表現で描いてみよう。。。。

  


            

            
               

*
     京橋の木陰その1 (ペン 水彩 B5 2019-08)     京橋の木陰 その2  (ペン 水彩 F3 2019-08)

           京橋の木陰 その3
                       (水彩 F6 2019-08)


            京橋の古い工場跡を探したついでに
            界隈をブラブラしてみた。
            とあるマンションの前庭の造作物が目についた。
            京都の水道橋を思わせるレンガ塀があり
            レンガの古びた赤色と木々の緑の対比が
            美しく、いい散歩道になっていた。





                  HOMEへ

                  ギャラリー目次へ


      菅原町の蔵その1  (水彩 F6 2019-09)


         中の島界隈のスケッチを終え、ぶらっと足をのばせば
         菅原町だ。古い蔵があって5年くらい前にも描いたが、
         その時既に 絶滅危惧種だと感じていた。
         今回訪れてみたら、手前の蔵も奥の建物も、
         倒壊、崩落危険防止のネットで すっぽり覆われており、
         いよいよ取り壊し間近の雰囲気であった。
         
         これは描いておかねばと、ネットを外した姿で
         最後の一枚と思って筆を走らせた。

         役割を終えても 凛として佇む姿に、我もかくあらんと
         感慨深く 描き終えた。

  菅原町の蔵その2  (水彩 F4 2019-09)   

    隣にあるこの蔵には まだ白い漆喰が半分以上
    残っており、レストランとして 活動中だ。
    両サイドの建物にネットが張られると、
    次はわが身と 居心地悪いだろうが、
    いつ来るかわからない 次のスケッチまで
    頑張っていてほしいものである。





           HOMEへ

           ギャラリー目次へ