ギャラリー目次へ  HOMEへ 川のある風景(1)へ、(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)、へ

川のある風景(9)

   紺屋川の一隅  (水彩 F6 2018-05)

       岡山県、高梁市を流れる小さな川の川べりまで降りて、
       上向きで一枚、下向きで一枚描いた。

    紺屋川と教会  (水彩 F6 2018-05)


                   HOMEへ  ギャラリー目次   

御領橋新緑
   (水彩 F6 2019-04)


    仲間と門真市の御領にスケッチに出向く。
    公園とか堀端に まだ桜が満開。
    桜を描こうかと迷ったが、先週奈良公園で
    桜を描いたので、今日は新緑を選んだ。

    御領橋の脇に背の高いきれいな新緑の木が
    あったので、狭い道で描きにくかったが、
    何とか粘って仕上げた。







         HOMEへ  ギャラリー目次 


宇治川辺(茶店)
    (水彩、ペン F4 2019-05)


   宇治川の船とか茶店は前回に描いたので、
   今日は違うところを と思い
   堤防散策路をウロウロ。
   平等院辺りからの 登り口にある茶店が
   新緑に囲まれ、赤い毛氈の椅子との対比が
   きれいだったので、まずはここと とりかかる。


宇治川辺(散策路)
        (水彩 F4 2019-05)


   川辺の散策路は木陰で涼しい。
   道に映る影もきれいだ。
   いろんな緑があって、重なりが美しい。
   描いていて本当に楽しいところだ






     HOME

     ギャラリー目次

淀川、杭の乱舞
  (水彩 F8 2019-06)


    梅雨の晴れ間に仲間と淀川へ。
    この小屋は何回も描いた事があるので
    違った角度からと思い、
    ちょっと遠目になるが、橋脚の下から
    描いてみた。


淀川、杭の乱舞 (その2)  (水彩 ぺん F4 2019-06) 

  堤防から川辺に降りる手作りの階段がある。
  仲間が 教えを受けている先生から この階段もおもしろいよと
  アドバイスもらってきたという。
  ならば とチャレンジしてみたが、先生のようにはいかない。
  難しいな〜とぶつぶつ言いながら筆をはしらせた。
           

  淀川、杭の乱舞 (その3)  (水彩 F4 2019-06)

    遠くに梅田のビルを見ながらの定番構図だ。
    あえて タテ構図にして、テトラの面白さを描いてみた。
    杭をもう少し あばれさせたほうが よかったかと反省も。
    


                        
          

淀川、杭の乱舞(その4)
           (水彩、ペン F4 2019-08)

  この杭の階段、最初は斜めから描いた(その2)
  正面からも面白いかも という仲間の声で
  チャレンジしてみたが、どうも????
  こうなったら 意地で斜め構図でもう一度
  いつか描いてみよう。

  

                   HOME 

                   ギャラリー目次

          川辺の一軒家  (水彩 SM 2019-08)





                         HOME

                         ギャラリー目次