ギャラリー目次へ  HOMEへ  建物のある風景 (18)(19)(20)(21)(22) (23)(24)(26)、へ    

建物のある風景(25)

    夏の思い出
      (水彩 F6 2018-12)


      麻雀仲間と夏の暑い日、とある田舎へ行った。
      麻雀の為で観光ではないので、どこでもいいのだが
      何かこんな場所を通って行った記憶がある。
      何でもないこんな景色を見ると、
      夏の日が思い出される。 歳をとったせいかな。。。。









      HOMEへ   ギャラリー目次へ 




篠山晩秋 (その1)
     (アクリル F6 2018-12)


     仲間と篠山に行った折、ちょっと立ち寄った所に
     旧篠山市役所の建物が移築してあった。
     晩秋の穏やか日に、凛として立つ姿に
     思わず足が止まり、一枚は描き留めたいと、
     どの角度から描こうかと じっと見入った。




                HOMEへ 
  ギャラリー目次へ 


  篠山晩秋 (その2)
          (アクリル F4 2018-12)


    旧篠山市役所の建物の反対側に
    小さな疎水があり
    ススキが晩秋の陽を浴び、
    白く輝いていた。
    この時期ならではの一枚として、
    やはり描いておこう。




        HOMEへ   ギャラリー目次へ 


野田今昔(その1)
      (水彩 F3 2019-01)


  今住んでいる大阪の福島区には
  先の大戦で 焼失を免れた昭和の建物が、
  あちこちに 残っている。
  裏には高層ビルが見えて、その対比が面白く、
  正月休みに 描いてみた。





       HOMEへ   ギャラリー目次へ 


   野田今昔その2    (アクリル SM 2019-01)    野田今昔その3   (水彩 SM 2019-01)

                         HOMEへ   HOMEへ     

泉大津一隅(その1)
        (水彩、ペン F6 2019-05)


   泉大津にある古い紡績工場を描こうと
   出かけたが、ウロウロ探すも見当たらず。
   取り壊されたかも。。。
   止む無く その辺で適当に描くことに。
   
   いつものように 廃屋っぽい建物発見。
   急いで準備に取り掛かる。


泉大津一隅(その2)
        (水彩 F6 2019-05)


   仲間のベテラン勢が反対側から描いていた。
   これもまた面白いと 自分も描いてみる。
   手前の影の始末が うまくいかなかったので、
   追ってやり直そうと思っている。

            泉大津一隅(その3)
                    (水彩 コンテ SM 2019-05)


              のこぎり状の片屋根の工場跡らしき建物を
              見つけたが、これしか見えないので
              いかにも絵にしずらく、小さい紙で
              記憶にとどめる程度に描いた。





                     HOMEへ   

                     ギャラリー目次へ 
                       

植物園の一隅
   (水彩 ペン F6 2019-06)


    小さな植物園に出かけた。
    建物がちょっと欧風なので、それを取り入れようと
    描き始めた。 描いている最中に
    係りの人から ここはスケッチ禁止です。
    スケッチできると聞いて 出かけたのに。。。。
    止む無く園外に出て、残りを仕上げる。

    最近あちこちでこういったケースが少なくない。
    マナーには気を付けているのだが。。。。。。






               HOMEへ   

                ギャラリー目次へ